FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

198円!とくればババロアだ

 苺です。
 1パック 198円の苺が店頭に並ぶ季節となりました。

 わたくし、毎年この1パック198円の苺(なかなかそれ以下にはなりません)を
 必ず一回は購入します。
 買わなければいけないような気さえします。

 小粒の苺がたんまり入って198円。
 そんでもって、一緒に生クリームも買います。

 牛乳があったかしら? なんて考えます。
 スーパーへ行った目的が、198円の苺をかごに入れた瞬間、今日の夕飯なんにしよ? ではなくなっています。

 いちごババロアモードです。

 私の作るいちごババロアはいたって簡単。
 って、簡単なお菓子しか作りたくないのでしょうがない。

 えーでは。

 材料 
 苺 1パック
 生クリーム 200cc
 牛乳 200cc
 砂糖 60~100g程度(苺の味見て加減)
 バニラエッセンス 少々
 レモン汁 少々 小さじ1~大さじ1程度(適宜ってやつ?)
 粉ゼラチン 10g

 作り方
 まず粉ゼラチンを箱に書いてあるように用意します。
 ふやかしたり、ふやかさなかったり、いろいろあるのでその辺はお手持ちのモノを要確認。
 
 牛乳を沸騰させない程度に温めて、ゼラチンを溶かす。
 そこにバニラエッセンス少々(2~3滴)を入れて、少し冷ましておきましょう

 洗ってヘタをとった苺をミキサーに放り込みます。
 砂糖も放り込みます。
 レモン汁も入れます。
 (今日はレモンがなかったので、庭で育てているカラマンシーが一個だけ実が残っていたのでそれを使用。はたしてレモンの代わりになるのか? ちなみにレモンを使うのは色をキープする効果があるためです。イチゴやブルーベリーなんかはアントシアニンがより鮮やかになるので使用した方がいいけど、無くても大丈夫なんです(笑)。)
 
 ミキサーのボタンを押します。
 ガーガーガーっと、砕かれましたら、牛乳入れます。
 ガーっと混ぜます。
 生クリーム入れます。
 ガーガーっと混ぜます。

 型に入れます。
 冷蔵庫に入れます。
 固まれば食べごろです。


 とは言っても、自分、測ってないので目安です。
 砂糖も適当に入れてるし。
 あと、今日は牛乳にカシスリキュールを少し混ぜてみました。
 使わないとなくならないし、レモンもないから、色の補正になるかと思って。
 大人なお味に仕上がってたらどうしましょう。

 カラマンシーとは何ぞや? な方もいると思うので補足。
 東南アジア原産の柑橘系の果物です。
 その実は小さくて2センチ程度(うちのが生育悪いのか?)
 味は沖縄のシークワーサーみたいな感じ。
 花は白くて四季咲きです。
 熟すと黄色くなるらしいのですが、青いうちに食ってしまいます(その方が風味が良いと書いてありました)。

 ちなみに、ダイエット効果とか美容効果とかアンチエイジングに良いとかいろいろ言われておりますが、うちではもっぱらカボスとかゆずの代わりに、焼き魚に添えたり、レモンの代わりに使うと言った感じでしょうか。その効果は正直不明。
 でも、育てやすいし、花が咲けば実もなるし、少し欲しい時になかなか便利。

   
スポンサーサイト

プロフィール

Suzaku(珠咲)

  • Author:Suzaku(珠咲)
  • HP「ひかるあしあと
    散文詩や創作小説をメインにしています。
    良かったら、本家サイトにも来て下さいませ。


絶賛応援中!
NocB_02.jpg(31348 byte)

占ったりニュース見たり

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。